棟板金から雨漏りする

修理

アフターフォローが人気

一般住宅で雨漏りする箇所といえば、多くが屋根と言われていますが、屋根からの雨漏りであっても、トラブルが起こっている箇所によって修理相場は大きく変わります。例えば屋根の中心部分にある「棟板金」という箇所のトラブルで、雨漏りが起こっている場合は屋根の修理費用として、約30万円から100万円が相場です。棟板金を固定している金具が劣化していたり、棟板金自体が強風で浮いてしまっていると、そこから雨漏りしてしまい修理が必要となります。雨漏りはマイホームの大事な柱や土台を、腐らせてしまう要因となるので、一刻でも早く修理したいものです。棟板金が原因で屋根から雨漏りをしているという場合、30万円から100万円という決して安い修理相場ではありませんが、大切なマイホームを守るためにも早めに修理を行うようにしましょう。屋根修理を行っている業者であれば、多くが棟板金の修理も行っていますが、より安心して任せられるのが「充実したアフターフォロー」をしている業者です。業者の中には保証書を発行している所があり、もし修理した箇所から再度雨漏りしてしまった場合は、無料で再び工事を行ってくれます。このような充実したアフターフォローが整っている業者であれば、相場が高くなりがちな棟板金部分の修理も、より安心して依頼できるとして人気を集めています。雨漏りは素人が自分で直すということは難しいので、アフターフォローがある業者に相談することをおすすめします。